債務整理

債務整理とは、法律に定められた手続きによって、現在の債務(借金)を整理する
方法の総称です。

債務整理の方法には、(1)任意整理、(2)特定調停、(3)自己破産、(4)個人
再生、(5)過払金返還請求があります。

それぞれの手続によって、裁判所の介入を必要とするかや、債務整理後の債務が減額、
または免責されるかなどの違いがあります。

(1)任意整理

   裁判所を利用することなく、 借金の返済が厳しい方の代理人が貸金業者と交渉
   し、支払いを数年の分割払いにしたり、将来の利息を免除したり等、債権者ご
   とに交渉する手続きです。        

(2)特定調停

   債務の返済に行き詰った債務者が破産してしまう前に、生活の立て直しを図れ
   るように今後の返済方法や債務、利息の減額などを   債権者と話し合う手
   続です。裁判所の関与を受ける法的手続きであるという点で、任意整理と異な
   ってきます。

(3)自己破産

   裁判所での手続きで、借金の支払いを免責してもらう制度です。

(4)民事再生(個人再生)

   裁判所での手続きで、借金を減額してもらい、後日返済していく制度です。

(5)過払金返還請求

   過払金とは、貸金業者に支払った払い過ぎたお金です。
   払いすぎた利息については引き直し計算を行い、計算後の利息制限法を超える
   部分を元本に充当した結果、過払金が発生し、債権者に対し返還を請求するこ
   とで払いすぎた部分を取り戻すことができる場合があります。